5.平日と休日の勉強方法を分ける(技術士一次試験)

技術士一次試験の勉強方法
この記事は約1分で読めます。

技術士試験においては、体調やモチベーションを考慮して勉強方法を変えていく必要があります。

特に平日は、受験生の大部分は現役エンジニアやコンサルタントであり、多忙な状況と思われますが、業務で疲労した状況で新しい参考書や問題集をこなすことは避けた方がよいです。苦痛な上に疲労で集中力が低下しており効率的ではありません。

苦痛である点も注意が必要です、人間は楽しいことは続きますがつらいことは続きません。

また、通勤電車や出張で移動中なども新しい参考書に集中することは中々難しいでしょう。

こうした平日と休日の状況の違いを考慮して、勉強方法は以下のように分けることが効果的です。

休日は、内容を理解しインプットデータを作る   →問題集1回目
平日は、インプットをする                           →問題集2回目、3回目
タイトルとURLをコピーしました