合格

技術士口頭試験

4.口頭試験の質問解答テクニック

基本的には、相手の質問意図よく聞いて、その場で答えることが必要ですが、ここに使えるテクニックを整理します。
技術士口頭試験

3.口頭試験 想定していない質問の答え方

45分と長丁場の面接試験です。どんなに想定質問を準備していても、多くの想定外の質問を受けます。
企業内での技術士育成方法

9.相互支援による技術士学習の効果とは

組織学習・グループ学習の実行面で、大きな成果を生むメカニズムの一つに相互支援があります。相互支援は、チームワークの基本です。相互支援がなければほとんどの仕事は上手くいきません。
企業内での技術士育成方法

7.共通目標

人間は、目標が個人の利益だけにとどまると、実行度が極端に落ちます。つまり、企業で行う技術士育成が自己啓発の支援に位置づけられてしまうと、誰も本気で勉強しないでしょう。
企業内での技術士育成方法

6.マネジメント

マネジメントというのは、目標達成に向けた、投入資源とプロセスのコントロールのことです。投入資源とは、人員や予算であり、適切な予算や人員を確保する必要があります。
技術士合格体験記(総合技術監理部門)

11.総合技術監理部門試験の筆記合格発表(総合技術監理部門合格体験記)

合格発表ですが、初回試験で合格するとは思っていませんでしたが、結果は合格していました。
技術士合格体験記(総合技術監理部門)

8.総合技術監理部門試験当日その2(総合技術監理部門合格体験記)

次に筆記問題に取り掛かりました。 設問(問題文)を見て、ギョッとしました。あまりに長いからです。
技術士合格体験記(総合技術監理部門)

7.総合技術監理部門試験当日その1(総合技術監理部門合格体験記)

試験は、「必須科目」のみのため午後からになります。
技術士合格体験記(総合技術監理部門)

4.総合技術監理部門 択一問題の勉強(総合技術監理部門合格体験記)

総合技術監理部門の択一問題について、まず過去問を解いてみました。明確に解答がわかる問題は、全体の半分もなかったですが、自己採点してみると60点以上は取れていました。
技術士合格体験記(総合技術監理部門)

3.総合技術監理部門の参考書(総合技術監理部門合格体験記)

まず、過去問集や、問題集を数冊買ってきました。
タイトルとURLをコピーしました