6.字が汚いと不合格?(技術士試験)

      2012/01/24

 昔から「字が汚いと採点すらしてもらえない説」がありました。

 ちなみに、私は、とても字が汚く、悪筆なのですが、これまで技術士3部門に合格しているので、例え字が汚くても、採点官の方は、必ずしっかり採点してくれることは証明できます。

 

 ただし、論文試験では、採点にどうしても主観評価が入り込むことは、避けられないでしょう。字が汚いために、「バカっぽく見える」、「読みにくい」ということは評価を下げる要因になり得ます。

 

 読みやすさについての考察ですが、

 必ずしも、「読みにくい」=「字が汚い」ではありません。

 多少、見栄えが悪くても、太く大きく、はっきり書いてあれば、読みやすいです。

 逆にきれいな文字でも、細く、薄く、マスの半分くらいに小さく書かれていると読みにくいものです。

 

 また、改行なしの長文とか、主語が不明確、冗長な表現なども読みにくくする要因です。

 

 読みやすい文章のためには、「大きくはっきり書く」、「シンプルな文章」、「タイトルだけは丁寧に書く」ということを勧めます。

当サイト運営会社による転職サポート

  • 建設コンサルタント・技術士人材センター

 - 技術士試験の通説・伝説Q&A , , , , , , , , ,