4.業務経験が弱いと技術士試験は不利か?

      2012/01/24

技術士二次試験の筆記合格までは業務経験はあまり関係ありません。

 筆記試験の出題が、「あなたの経験から述べよ」などとなる場合もありますが、本当に経験していなくても、知見をもっていて、創作でも論文を解答できればよいので、業務経験は、それほど関係ないでしょう。

 

 また、筆記試験を合格すれば、口頭試験は合格率80%であることを考えると、技術士試験において業務経験は弱いことがそれほど不利になる訳ではありません。

 

 しかし、業務経験は、口頭試験に影響を与えます。

 体験論文+口頭試験時に、業務経験が弱いと、かなり突っ込まれるでしょう。

 業務経験が弱いとは、「技術士にふさわしい」経験が少ないということです。

 

 体験論文でも、一般的な対策だけのものが多くみられます。筆記の合格発表から提出まで間が無くて、慌てて、やっつけ仕事で体験論文を出しているからかもしれませんが、「技術士としてふさわしい」感じがしない論文は、口頭試験時に狙われるでしょう。

 

 過去の経歴、体験論文の中身、それぞれ、どのように「技術士としてふさわしい」のか説明できるようにしておきましょう。 

 技術士二次試験の筆記合格までは業務経験はあまり関係ありません。

 

 筆記試験の出題が、「あなたの経験から述べよ」などとなる場合もありますが、本当に経験していなくても、知見をもっていて、創作でも論文を解答できればよいので、業務経験は、それほど関係ないでしょう。

 

また、筆記試験を合格すれば、口頭試験は合格率80%であることを考えると、技術士試験において業務経験は弱いことがそれほど不利になる訳ではありません。

 

 しかし、業務経験は、口頭試験に影響を与えます。

 体験論文+口頭試験時に、業務経験が弱いと、かなり突っ込まれるでしょう。

 業務経験が弱いとは、「技術士にふさわしい」経験が少ないということです。

 

 体験論文でも、一般的な対策だけのものが多くみられます。筆記の合格発表から提出まで時間がなくて、慌てて、やっつけ仕事で体験論文を出しているからかもしれませんが、「技術士としてふさわしい」感じがしない論文は、口頭試験時に狙われるでしょう。

 

 過去の経歴、体験論文の中身、それぞれ、どのように「技術士としてふさわしい」のか説明できるようにしておきましょう。

当サイト運営会社による転職サポート

  • 建設コンサルタント・技術士人材センター

 - 技術士試験の通説・伝説Q&A , , , , , , , , , , , ,