3.中小企業の人は技術士試験は不利か?

この記事は約1分で読めます。

 部門や専門科目にもよりますが、全体的な傾向として、中小企業出身者の比率はかなり少ないようです。

 

 試験制度的には、中小企業によるハンデはありません。

 ただし、口頭試験においては、大手企業に所属している方が、面接官のイメージはよく、主観評価によい影響がある可能性はあります。

 

 中小企業が技術士試験合格者に少ない理由として、全体的傾向から以下の事項が挙げられます。

・受験する人が少ない(最初から諦めている)

・試験に関する情報が得にくい、会社のサポートがない

・論文・レポートを書いたり、プレゼンする機会が少ない

・「技術士にふさわしい業務」の経験が少ない

・採点官の主観への影響

 

 ただし中小企業の方でも、合格している人もたくさんいます。

 合格には、こうしたハンデを考慮して周到な準備をする必要があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました