9.課題や方策同士のバランスが悪い

      2010/05/28

 方策のバランスが悪いというのは、中身が偏っているという意味です。

 

 例えば、社会資本整備のあり方を3つ挙げるときに、効率化・コスト削減に関する提言が3つ挙げられていた場合、内容的には誤りではないですが、採点者に視野が狭く、説得力に劣る印象を与えてしまい、評価は下がるでしょう。

 

 論理性を高める基本技法(ロジカルシンキング技法)としてMECEと呼ばれる方法があります。物事を部分の集合と捉えて、モレなく、ダブリなくまとめる技法です。

 MECEを使えば、社会資本整備のあり方という場合、効率(コスト削減)、効果(便益を増やす)、安全という三つの切り口が考えられます

 こうすればモレ、ダブリは、少なく説得力が高まると思いませんか?

当サイト運営会社による転職サポート

  • 建設コンサルタント・技術士人材センター

 - ダメな技術士論文とは ,