3.参考書の選び方

この記事は約1分で読めます。

 少ない試験情報を補完するために、これ一冊という選び方は避け、バランス良く揃えた方がよいです。

 技術士の参考書はとても少ないことから多少無駄が出ても、あるだけ購入しても数万で足りるはずです。

 幅広く情報を収集して、解法、解答例、問題集などそれぞれの特長を理解して使用することが望ましいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました