二次試験

技術的体験論文

6.略記2例の書き方-技術的体験論文

略記は、内容を簡潔に、解りやすく書く必要があります。簡潔ながらもポイントを抑えましょう。抑えるべきポイントは、詳述で要求される事項とほぼ同一のものです。
技術的体験論文

5.技術的体験論文の選び方

これから前項で述べた注意点を考慮した技術的体験論文の具体的な選び方を述べていきます。
技術的体験論文

4.技術士としてふさわしい論文とは

技術的体験論文においては、「技術士としてふさわしいか」ということを常に問われています。
技術的体験論文

2.技術的体験論文の作成時期

技術的体験論文の作成は、技術士二次筆記試験が終了後の8月以降から行うのがベストです。8月までは、技術的体験論文の勉強をする時間があるならば、筆記試験の勉強に集中して下さい。
技術的体験論文

1.技術的体験論文の重要性

技術士2次筆記試験に合格すると、この後は、技術的体験論文提出+口頭試験が待っています。
技術士二次試験の勉強方法

3.技術士二次試験の勉強手順

合格レベルに達した模範論文を蓄積するためには、いきなり論文を作成せずに、必要な手順を踏んだ方が合理的です。
技術士二次試験の勉強方法

2.技術士二次試験は論文中心の勉強とすべき

技術士二次試験は論文試験であり、最終的には論文というアウトプットにより評価されることから、知識+文章力(論文作成能力)が必要であることを前項で述べました。
技術士二次試験の勉強方法

1.技術士二次試験の特徴

技術士二次試験の勉強方法について、ここでは、二次の筆記試験部分について述べます。
技術士試験参考書の選び方

2.技術士試験の参考書代をケチらない

参考書一冊2千円程度はしますが、10冊買っても2万円です。
合格に必要な勉強時間

3.技術士二次試験の必要勉強時間

下記の勉強で、合計480時間程度と予想します。 資料収集(模範解答や白書):100時間 専門分野の参考書:1冊 30...
タイトルとURLをコピーしました